長崎市の整形外科

おおの整形外科

TEL:095-857-9933

平日9:00~12:30/14:00~18:30

土曜9:00~13:00

休診日土曜午後/日曜/祝日

ペインクリニック

ペインクリニックとは

ペイン(pain)は「痛み」、クリニック(clinic)は「治療」
つまりペインクリニックとは、「痛みの治療」のことです。

誰もが、怪我もしていないのに「痛み」を感じると、まずは「身体の何処かが…」「内臓が…」と内臓に原因があるのではと思い、内科に行かれる事でしょう。

でも、そうやって薬を飲んでも、どんなに検査をしても「痛み」が取れない場合、”原因不明”となってしまい、とても不安になられるでしょう。”原因不明”の「痛み」は更に気を病ませてしまいます。病は気から、これでは、治るものも治りません。

image

そこで、ペインクリニックの出番です。その「痛み」自体を取ってしまうのです。「痛み」が取れれば元気が戻ります。
そしてペインクリニックは痛みを取るだけでなく、どんな治療方法で痛みが納まったか…それから痛みの原因が分かることもあるのです。ペインクリニックとは、ただ対処療法的に痛みを押さえるのでなく、こうして外科的・内科的にと病気を治療していくことができるのです。ペインクリニックを担当する医師は、海外においても我が国においても主に麻酔医が中心となっております。おおの整形外科の診療科目に「麻酔科-ペインクリニック-」があるのはその為です。

痛み 全身 外傷や手術後の痛み・帯状疱疹(後神経痛)・反射性交換神経萎縮症・多汗症
頭部 偏頭痛・筋収縮性頭痛・群発頭痛・頸性頭痛・その他の頭痛・円形脱毛症・脳血管障害
顔面 三叉神経痛・舌咽神経痛・非定型顔面痛・頸関節症・その他の顔面症
頸肩上肢 頸肩腕症候群・頸椎症・胸郭出口症候群・外傷性頸部症候群・五十肩・椎間板ヘルニア・頸椎間関節症
胸背部 肋間神経痛・胸椎椎間関節症
腰部 ギックリ腰・腰椎椎間板ヘルニア・変形性腰椎症・腰椎すべり症
下肢 坐骨神経痛・腰部脊椎管狭窄症・変形性膝関節症
四肢 慢性動脈閉塞症・バージャー病・末梢神経損傷
麻痺
けいれん
顔面神経麻痺・反回神経麻痺・味覚障害・嗅覚障害・末梢神経麻痺・顔面けいれん・眼瞼けいれん

治療について

麻酔技術を応用した「神経ブロック」が多く用いられています。

神経ブロックとは、皮膚から注射し、神経に直接あるいはその近くに薬液を注射し、神経の信号の伝達を遮断することです。
聞けば怖く感じるかもしれませんが、一時的に(場合によっては半永久的に)遮断するだけで、薬液を使い分ければ心配はありません。

この神経ブロックは必ずしも痛みの治療だけに有効なのではなく、例えば、顔面性神経麻痺などにも有効です。
激しい痛みは交感神経を緊張させ、それが患部の血流を悪くさせ、さらに痛みを増長するという悪循環があります。
そこで、この「神経ブロック」で痛みを鎮めることにより、交感神経の緊張が取れて、血流をよくし痛みが収まっていくという、「よい循環」を作り出すこともできるのです。

image