長崎市の整形外科

おおの整形外科

TEL:095-857-9933

平日9:00~12:30/14:00~18:30

土曜9:00~13:00

休診日土曜午後/日曜/祝日

陥入爪・巻き爪

陥入爪・巻き爪について

巻き爪

巻き爪

陥入爪

陥入爪

足の指の爪が皮膚に食い込んで、痛みを感じたことはありませんか?
その経験があるなら、あなたは「陥入爪」「巻き爪」の疑いがあります。

「陥入爪」は爪の縁がトゲのように尖って、肉に刺さって しまい、激痛・炎症を生ずるもので、「巻き爪」はそれがさらに悪化し、爪自体の縁が内側に湾曲してしまったものです。

原因は生まれつきの場合もありますが、大半の原因は深爪です。
さらに足に合わないトゥが細いヒールによるもの、反対に先に余裕がありすぎて、靴の中で足先が動いてしまうもの…これらは爪を押してしまい、陥入爪・巻き爪の原因となってしまいます。

治療について

当院では超弾性ワイヤー等の爪矯正具を使った治療を行っています。

以前は、爪の幅を狭くしたり、あるいは爪そのものを剥いでしまう等の手術による治療が良く行われていました。
しかし、これはもちろん見た目にも問題があるのですが、 爪というものは足先において力を分散させるという大事な役目があります。爪がないと、力が分散できず、足に力が入る登山やスポーツが困難になりうることもあるのです。

一方、爪矯正具を使った治療方法は、湾曲してしまった爪の形を、徐々に正常な形に戻すという治療方法ですので、痛みを伴う手術を行う必要はありません。超弾性ワイヤーを使って、内側に湾曲した爪を正常な形に引っ張ります。殆どの方は、矯正具を使った数日後には痛みが引いていきます。
ひどい巻き爪の方の治療には一年ほどかかることもありますが、普段の日常生活には何の支障もありません。
当院はこの爪矯正法を学んでおりますので、安心してご相談ください。

image